本文へスキップ

社会福祉法人すぎのこ会は、栃木県内で障害福祉事業、介護事業、児童福祉事業サービスの提供を行っています。

電話でのお問い合わせはTEL.0282-54-3131

〒329-4306 栃木県栃木市岩舟町曲ヶ島806-1

よくあるお問い合わせ(Q&A)reserve

 サービス関連

Q.どんなサービスを提供していますか?
A.当会では下記のサービスを提供しています

1  (1)第一種社会福祉事業 (イ)障害者支援施設の経営
(ロ)特別養護老人ホームの経営
 (2)第二種社会福祉事業 (イ)障害福祉サ−ビス事業の経営
(ロ)一般相談支援事業の経営
(ハ)特定相談支援事業の経営
(ニ)移動支援事業の経営
(ホ)地域活動支援センターの経営
(へ)老人居宅介護等事業の経営
(ト)老人短期入所事業の経営
(チ)老人デイサービスセンターの経営
(リ)障害児通所支援事業の経営
(ヌ)障害児相談支援事業の経営
 (3)公益事業 (イ)日中一時支援事業
(ロ)居宅介護支援事業
2  事業所別事業           @地域生活支援拠点施設「もくせいの里」
障害者支援施設「もくせいの里」
施設入所支援、短期入所、生活介護、放課後等デイサービス、日中一時支援
包括支援事業所「すぎのこ」
相談支援(一般相談支援、特定相談支援、障害児相談支援)、支援センターすぎのこ(居宅介護、重度訪問介護、同行援護、行動援護、移動支援、訪問介護、第1号訪問)、ケアプランすぎのこ(居宅介護支援)
A障害者支援施設「ひのきの杜共生」
施設入所支援、短期入所、生活介護、日中一時支援
B障害者支援施設「ひのきの杜」
施設入所支援、短期入所、生活介護、日中一時支援
C特別養護老人ホーム「みすぎの郷」
地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護、短期入所生活介護、介護予防短期入所生
活介護、地域密着型通所介護、第1号通所
D多機能型事業所「すぎのこ」
生活介護、就労継続支援B型、日中一時支援
E多機能型事業所「けやきの家」
生活介護、放課後等デイサービス、日中一時支援
F多機能型事業所「愛晃の杜」
多機能型事業所「愛晃の杜」
生活介護、就労継続支援B型、相談支援(一般相談支援、特定相談支援、障害児相談支援)、日中一時支援
放課後等デイサービス事業所「のあの杜」
放課後等デイサービス
G多機能型事業所「あすなろ」
生活介護、自立訓練(生活訓練)、日中一時支援
H多機能型事業所「ひまわり」
児童発達支援、放課後等デイサービス、日中一時支援
I複合型事業所「やまと」
多機能型事業所「やまと(児童等)」
生活介護、児童発達支援、放課後等デイサービス、日中一時支援
多機能型事業所「やまと(介護)」
地域密着型通所介護、第1号通所
J多機能型事業所「みずほの家」
生活介護、就労移行支援、就労継続支援B型、栃木市大平地域活動支援センター、日中一時支援
K多機能型事業所「あすひ」
生活介護、放課後等デイサービス、日中一時支援
L共同生活援助事業所「花水木」
花水木、第二花水木、こすもす、さくらの家、すぎのこホーム、ひまわりホーム、ぶどうの家、やまとホーム、第二やまとホーム、みどり、みかも、第二みかも
M共同生活援助事業所わたすげ
天花、キスゲ、わたすげ、第二わたす、第三わたすげ


Q.利用したい場合はどうすればいいですか?

A.(障害福祉サービスの場合の例)
  @利用したいサービスが決まっている場合は、お住いの役所にて、サービス利用の申請をしてください
  Aわからない場合は、役所の担当者、もしくは相談支援専門員にご相談ください。
   ※当会各事業所のサービス管理責任者、相談支援専門員、支援員等にも相談可能です
  B役所にサービス利用の申請をすると事業によっては認定調査員による調査が行われる場合があります。
   ※医師の意見書が必要な場合がございます
  D必要な書類を提出すると、障害程度区分が決まります
  E使いたいサービスを役所に申請し、役所が申請を認めると支給決定が行われます
  F支給決定がされると『受給者証』が交付されます
  G受給者証を利用したい施設・事業所に持参し、契約を締結します
   ※希望しても施設・事業所の定員等の関係で、希望どおりのサービスが利用できない場合があります


Q.サービス提供地域はどこまでですか?

A.事業所によって異なりますが、栃木県全域を対象としています。県外の方で利用希望の方は、お住いの市町村担当者、相談支援専門機関にご相談ください


Q.利用料金はどれぐらいですか?

A.詳しくは、こちらをご参照ください
@利用者負担はサービス量と所得に着目した負担の仕組みとされ、その負担は所得等に配慮した負担(応能負担)とされています。
A障害福祉サービスの定率負担は、所得に応じて次の4区分の負担上限月額が設定され、ひと月に利用したサービス
量にかかわらず、それ以上の負担は生じません。
B食費は食材料費が実費負担になります(施設入所者には減免措置が適用される場合があります)
Cグループホーム、ケアホームは家賃・食費・水光熱費がかかります(費用は各住居により異なります)。生活保護及び低所得者の方は国から1万円の家賃助成があります
D障害児の場合は、保護者が属する住民基本台帳での世帯の所得によって、4段階に上限額が決められています

Q.施設・事業所の見学はできますか?

A.事前に連絡をいただければ、職員立会で見学ができます。ただし、入所施設及びグループホームの居室は入所者のプライバシー保護のため、見学を制限させていただく場合がございます。

Q.通いの事業所ではどんな作業を行っていますか?

A.生産活動を行っている施設・事業所では、利用者のニーズに沿った生産活動を実施しています
(例) 

施設・事業所名 生産活動内容
けやきの家
(栃木市岩舟町)
ボールペン組立 
みずほの家
(栃木市大平町)
ボールペン組立、リネン作業、軽食喫茶『ちょっ蔵』
すぎのこ
(栃木市岩舟町)
ボールペン組立、野菜づくり
愛晃の杜
(日光市)
手さげ袋加工、菓子箱の組み立て、野菜のパッケージ作業、菓子づくり
そば処『愛晃庵』、草刈作業、道路清掃作業、旅館客室清掃作業

Q.活動や行事はどのようなものがありますか?

A.各施設、事業所により内容は様々ですが、花見、バーベキュー、旅行、納涼祭、ボウリング大会、映画鑑賞会、運動会、クリスマス会、忘年会、新年会、個別外出など、利用者の方がの意見を取り入れながら、地域住民の方々との交流を含めたものや、季節に応じた行事を開催しています。内容によっては、活動費が生じるものがあります




採用関連

Q.すぎのこ会で働きたいのですが?

A.正規社員は毎年採用試験を実施しております。また、中途採用や準職員での採用は随時行っております。詳しくはこちら

Q.資格は必要ですか?

A.社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士、保育士、社会福祉主事、ヘルパー2級、(小・中・高)教員免許をお持ちの方以外でも、すぎのこ会は 何よりも人物を重視いたしますので、福祉・介護以外の学部を専攻されている方もお気軽にご応募ください

< 資格要件 > 普通自動車運転免許(必須)



その他

Q.ボランティア活動はできますか?

A.各施設、各事業所では多様な活動があり、ボランティアをして下さる方を募集しています。ボランティアには興味はあるけれども、始めるきっかけがなくて迷っている方、年齢・性別を気にされて迷っている方、興味がない方でも是非、一度施設見学においでください。もちろん電話でのご相談も随時承っています。詳しくはこちら

Q.○○○○ですか?

A.ここに回答文が入ります。ここに回答文が入ります。ここに回答文が入ります。ここに回答文が入ります。

shop info.店舗情報

すぎのこ会

〒329-4306
栃木県栃木市岩舟町曲ヶ島806-1
TEL.0282-54-3131
FAX.0282-54-7888