本文へスキップ

多機能型事業所(生活介護、就労継続支援B型)、放課後等デイサービス、一般相談支援、特定障害者相談支援、障害児相談支援、日中一時支援等

電話でのお問い合わせはTEL.0288-53-6166

〒321-1435 栃木県日光市花石町1846番地1

相談支援事業所愛晃の杜(一般・特定・障害児)

相談支援事業とは?

  • 障がいのある方や、その家族の生活や支援に関する相談に応じるとともに、関係機関との連携の下、障がいのある方の身近な地域において、安心して生活できる地域の支援体制をつくることを目的とします。
  • 具体的には、日常生活上の支援を必要とする障がいのある方やそのご家族等に対し、窓口による相談や家庭訪問による相談等を行います。
相談支援事業は大きく分けると下記の体系に分類されます
@一般相談事業(
相談したいことや悩みがあったらとりあえずこちら!
  • 障害のある人の福祉に関する様々な問題について、障害のある人等からの相談に応じ、必要な情報の提供、障害福祉サービスの利用支援等を行うほか、権利擁護のために必要な援助も行います。
  • こうした相談支援事業を効果的に実施するために、自立支援協議会を設置し、中立・公平な相談支援事業の実施や地域の関係機関の連携強化、社会資源の開発・改善を推進します。
 事業の内容
  • 福祉サービスを利用するための情報提供、相談
  • 社会資源を活用するための支援
  • 社会生活力を高めるための支援
  • 専門機関の紹介 等
 対象者   障害のある人やその保護者など


A一般相談支援事業(地域定着・地域移行)
  • 地域移行支援は、入所施設や精神科病院等からの退所・退院にあたって支援を要する者に対し、入所施設や精神科病院等における地域移行の取組と連携しつつ、地域移行に向けた支援を行うものです。
  • 地域定着支援は、入所施設や精神科病院から退所・退院した者、家族との同居から一人暮らしに移行した者、地域生活が不安定な者等に対し、地域生活を継続していくための支援を行うものです。
 事業の内容

【地域移行支援】
次の方のうち、地域生活への移行のための支援が必要と認められる方。

  • (1) 障害者支援施設、のぞみの園、児童福祉施設または療養介護を行う病院に入所している方
    ※ 児童福祉施設に入所する18歳以上の方、障害者支援施設等に入所する15歳以上の方も対象。
  • (2) 精神科病院に入院している精神障害のある方
    ※直近の入院期間が1年以上の方が対象(原則)。ただし、直近の入院期間が1年未満であっても、措置入院者や医療保護入院者で住居の確保などの支援を必要とする方や、地域移行支援を行わなければ入院の長期化が見込まれる方も対象となります。
    ※2014(平成26)年4月1日から、地域生活に移行するために重点的な支援を必要とする方も対象者に加わります。

【地域定着支援】
  • 常時の連絡体制の確保(夜間職員の配置、携帯電話等による利用者や家族との連絡体制の確保)
  • 緊急時の対応(迅速な訪問、電話等による状況把握、関係機関等の連絡調整、一時的な滞在による支援)
 対象者  【地域移行支援】
  • 障害者支援施設等に入所している障害者
  • 精神科病院に入院している精神障害者(1年以上の入院者を原則に市町村が必要と認める者)

    【地域定着支援】
    次の方のうち、地域生活を継続していくために緊急時等の支援が必要と認められる方。
    • (1) 居宅において単身で生活する方
    • (2) 居宅において家族等と同居していても、同居している家族等からの緊急時の支援が見込めない方
    ※グループホーム(共同生活援助)やケアホーム(共同生活介護)、宿泊型自立訓練の入居者は対象外
 期  間 【地域移行支援】
 6カ月以内。地域生活への移行が具体的に見込まれる場合には、6カ月以内で更新可。

【地域定着支援】
 1年以内。地域生活を継続していくための緊急時の支援体制が必要と見込まれる場合には、1年以内で更新可。(その後の更新も同じ)

B特定障害者相談支援事業
  • サービス等利用計画についての相談及び作成などの支援が必要と認められる場合に、障害者の自立した生活を支え、障害者の抱える課題の解決や適切なサービス利用に向けて、ケアマネジメントによりきめ細かく支援するものです。
 事業の内容

障害福祉サービス等を申請した障害者について、サービス等利用計画の作成、及び支給決定後のサービス等利用計画の見直し(モニタリング)を行います

 対象者 
  • 障害福祉サービスを申請した障害者であって、市町村がサービス等利用計画案の提出を求めた者
  • 地域相談支援を申請した障害者であって市町村がサービス等利用計画案の提出を求めた者
利用料 無料
 手続き  市区町村に申請します。利用の決定は市区町村が行います。

C障害児相談支援事業(
障害児のサービスのマネージメントを行います
  • 障害児が障害児通所支援(児童発達支援・放課後等デイサービスなど)を利用する前に障害児支援利用計画を作成し(障害児支援利用援助)、通所支援開始後、一定期間ごとにモニタリングを行う(継続障害児支援利用援助)等の支援を行います。
 事業の内容

障害児相談支援には、障害児支援利用援助と継続障害児支援利用援助の2つのサービスがあります。

【@障害児支援利用援助】
障害児通所支援の利用申請手続きにおいて、障害児の心身の状況や環境、障害児または保護者の意向などを踏まえて「障害児支援利用計画案」の作成を行います。利用が決定した際は、サービス事業者等との連絡調整、決定内容に基づく「障害児支援利用計画」の作成を行います。

【A継続障害児支援利用援助】
利用している障害児通所支援について、その内容が適切かどうか一定期間ごとにサービス等の利用状況の検証を行い、「障害児支援利用計画」の見直しを行います(モニタリング)。また、モニタリングの結果に基づき、計画の変更申請などを勧奨します。

 対象者  障害児通所支援(児童発達支援・放課後等デイサービスなど)を利用するすべての障害児
利用料 無料
 手続き  市区町村に申請します。利用の決定は市区町村が行います。

対象者

身体・知的・精神の障がいをはじめ、重症心身障がい、発達障がい、高次脳機能障がいや、その関係者など


information

愛晃の杜

〒321-1435
栃木県日光市花石町1846-1
TEL.0288-53-6166
FAX.0288-53-6167